分かりにくい事をどこよりも分かりやすく解説するサイト

なるほど!納得club

ビューティー

BMIの計算式・正常値(標準)・肥満度・厚生労働省の基準値について解説

BMIとはBody(体)、Mass(体重)、Index(指数)の頭文字をとったものであり、体格を評価する方法の一つです。

 

体格は脂肪率と密接に結びついていることから、保険会社ではBMIが保険加入の際の参考にされます。

 

したがって、保険の加入に加え、人の体格の評価の際はBMIがよく使われますので自分のBMIを知ったときにその数値から何がわかるのか知っておくことは重要であると思います!

 

BMIの計算方法

[quads id=1]

BMIは以下の式で計算されます。

 

BMI = 体重[kg]÷身長[m]÷身長[m]

 

例えば、体重55[kg]、身長160[cm]の人(以下ではAさんと呼びます)がいるとすると、160[cm]=1.60[m]であることを用いて、

 

55[kg]÷1.60[m]÷1.60[m] = 34.375[kg/m]÷1.6[m] = 21.5[kg/m^2]             (小数点第二位以下切り捨て)

 

と計算できるので、AさんのBMIはおよそ21.5となることがわかります。

 

なお、以下のページで自分の身長と体重を入力することでBMIが計算できますので、自分のBMIを計算し、以降の記事で体格を評価してみましょう!

 

HelC+ BMIチェックによって自分の肥満度と標準体重を確認しよう

 

BMIの正常値

日本ではBMIの値が18.5~24.9であるときに、「ふつう」の体形であるとみなされます。したがって、上記で例として挙げたAさんは「ふつう」の体形であるといえます。

 

具体的には、日本では日本肥満学会が定めた基準が一般的です。この基準ではBMIの数値によって以下のように体格の評価が変わります。

 

表 1 BMIと体格の関係(参考文献:日本予防医学協会

BMIの値 日本肥満学会による判定
18.5未満 やせ
18.5~24.9 ふつう
25.0~29.9 肥満1度
30.0~34.9 肥満2度
35.0~39.9 肥満3度
40~ 肥満4度

 

この表より、BMIが25を超えると肥満であるとみなされます。なお、BMIは成人のみに適用される指標であり、学童児(6歳~18歳)に対しては別途、肥満度という指標が肥満の判定に用いられます。

 

BMIが25を超えると生活習慣病のリスクが2倍以上になり、30を超えるとより積極的な減量治療を要するものとされています。身長を160[cm]とした場合、BMIが25の場合と30の場合に対応する体重は以下のようになります。

 

表 2  身長を160[cm]と仮定した場合のBMIと体重の組み合わせ

BMI 体重[kg]
25 64
30 76.8

 

また、肥満に近い用語として、メタボリックシンドロームがありますが内臓脂肪の蓄積は必ずしもBMIと相関を持たないという考えから、メタボリックシンドロームの判定にはBMIを用いません。

 

なお、BMIの計算は世界共通ですが、やせ・普通・肥満などの体格の基準は国によって異なります。

 

厚生労働省の基準値

統計的に糖尿病、高血圧、脂質異常症(高脂血症)に最もかかりにくい数値であるという理由から、BMIの値が22であることが基準であるとされています。

 

したがって、上記のAさんの場合、基準体重は以下のように計算されます。

 

Aさんの基準体重[kg] = 22×(Aさんの身長)×(Aさんの身長) = 56.32[kg]

 

 

まとめ

BMIは成人の体格を評価する指標であり、様々な場面で使用されます。この値が18.5~24.9であれば体格は「ふつう」であるとみなされます。

 

さらにBMIが22であるときに、統計上、糖尿病等の生活習慣病にかかりにくいとされています。

 

自分の身長や体重を見て、主観的に判断するのではなく、BMIを計算したうえで、その数値から自分の体格を客観的に評価し、生活習慣の見直しができるとよいですね!

-ビューティー

Copyright© なるほど!納得club , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.