分かりにくい事をどこよりも分かりやすく解説するサイト

なるほど!納得club

アプリ

dropboxのダウンロードとインストールの方法がすぐ分かる!ログイン方法や使い方は?

dropboxのダウンロードとインストールの方法がすぐ分かる!ログイン方法や使い方は?

 

記事を書いたり共有したりする機会が多ければ、dropboxをダウンロード&インストールしておくことをおすすめします。

 

保存が簡単にできますし、記事や写真をほかの人と共有できます。

ここではdropboxの基本的な使い方や、ダウンロードやインストールの方法についてご紹介します。

 

dropboxは何に使えるの?

 

dropboxを使ったことがなければ、dropboxによって何ができるのか今一つ分からないでしょう。

 

簡単にいえば、dropboxに大切なファイルを安全に保管できます。保管するものの例には、次のようなものがありますよ。

 

  • wordデータ
  • excelデータ
  • 家計簿
  • 履歴書
  • 写真

 

保存ならwordやexcel内でもできるのですが、dropboxのいいところはなんといっても、共有できることです。

 

一つのデータを複数人と共有できますし、編集が必要な時も共同編集ができます。

ほかの方に自分のデータを見せることができ、自分も閲覧できるのがdropboxの強みです。

 

wordやexcelファイルでも保存はできますが、共有するためにはいちいち送らなければ

なりません。

 

dropboxに保存すれば、共有したい人にわざわざ送る手間が省けるんですね。

編集作業もそのままできるし、自動的に保存できます。うっかり保存し忘れてしまった!というのも防げるでしょう。

 

dropboxをダウンロード&インストールするには

 

ここでは、windowsでdropboxをダウンロード&インストールする手順をご紹介します。

Macでダウンロードする場合でも、方法はほとんど同じなので参考になるでしょう。

 

  1. dropboxのダウンロード用のページにアクセス
  2. 「無料ダウンロード」をクリック
  3. DropboxInstaller.exeがダウンロードされる*青いマークが目印です。
  4. 「実行」をクリック
  5. dropboxのインストールが開始*5分程かかります。
  6. 画面左下の「登録」ボタンをクリック
  7. dropboxで使う名前とパスワードを入力
  8. 利用規約に「同意」のチェックを入れる
  9. 「登録」をクリック
  10. 「自分のdropboxを開く」を選択
  11. 「スタートガイド」をクリック
  12. 登録したメールアドレスにdropboxから通知が届いている
  13. 「メールアドレスを確認する」を選択

 

これでインストールは完了です!

 

dropboxのダウンロードがうまくいかない時の原因

 

dropboxをダウンロードしようとしてもうまくいかない場合は、以下のような原因が考えられます。

 

  • セキュリティソフトによってdropboxに接続できない
  • エラー
  • 容量が足りない
  • OSが古い*windowsXP以降、Macは10.6.8以降であれば問題ありません。

 

dropboxのインストール中にエラーメッセージが表示されたら、まずはインストールを中断しましょう。

 

再度インストールをやり直してみてください。それでもうまくいかない場合は、

オフラインインストーラーを使うとできる場合があります。

 

オフラインインストーラーを使ったインストールの方法は、こちらをご参照ください

↓↓↓

https://help.dropbox.com/ja-jp/installs-integrations/desktop/install-failed

 

ウイルス対策ソフトなど、セキュリティソフトが原因でdropboxに接続できないことがあります。

 

この場合もインストールがうまくいかないでしょう。ウイルス対策のアプリケーションを

一時的に中断し、dropboxのインストールを優先させるとうまくいくケースがあります。

 

どうしてもインストールがうまくいかない時

 

上記の原因を確かめてみてもインストールできない時は、dropboxサポートチームに問い合わせるのが早いです。

 

アカウントを持っていないお客さんでも問い合わせは自由にできます。

こちらの一般リクエストから問い合わせましょうね。

↓↓↓

https://www.dropbox.com/support

 

dropboxの基本的な使い方

 

dropboxの主な使い方は、オンライン上で自分のファイルを保存することです。

保存したファイルは、オンライン上で後から手を加えることができます。

 

しかも自分だけが閲覧や編集できるのではなく、共有した人全員が共同で管理できるのです!

 

編集の権限があれば、共有している方もあなたのファイルに手を加えることができます。

例えば校閲チェックなども、dropboxの方がしやすいですね。

 

複数人で共同作業をする時は、dropboxがとても役立ちます。

物理的に離れている人とでもオンライン上でプロジェクトの作業ができて、効率的です!

 

 

また、ほかにも次のような使い方があります。

 

ファイルの同期

 

デスクトップでファイルを保存すると、同時にdropboxにも自動保存されます。

これを「同期」といっています。

 

同期も、dropboxを使う上で知っておいた方がいい機能ですね。

同期されているファイルは、更新するたびにdropbox内でも自動更新されるのです。

連動しているから常に最新状態になりますよね!

 

スマートフォンのシャシデータを自動保存

 

スマートフォンのカメラ機能を使って動画や写真を撮影する機会もあるでしょう。

日常的に動画や写真を使っている方も多いはずです。

 

しかし、何でもかんでも動画や写真にしていたら、データは膨大になってしまいます。

スマートフォンにも当然容量があるため、データの量が莫大だと不都合になります…。

 

そこで、dropboxの「カメラアップロード機能」を使えば、スマートフォンのデータが

あふれずに済みますよ♪

 

必要なことは、スマートフォンにdropboxアプリをインストールしておくことです。

初期設定ですでにdropboxがインストールされている場合もあるので、確かめてくださいね。

 

dropboxのダウンロードが済んだら、「カメラアップロードを有効化」しておきます。

これだけで設定は終わりです。

 

スマートフォンで撮影した写真や動画がdropboxに自動保存されます。dropboxは容量が大きいので、写真や動画が膨大でも安心ですね。

-アプリ

Copyright© なるほど!納得club , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.