分かりにくい事をどこよりも分かりやすく解説するサイト

なるほど!納得club

グルメ

ほっともっとの店舗(東京・神奈川・沖縄・千葉・大阪・福岡・名古屋・和歌山)

【店舗数】

持ち帰り弁当店で全国有数な店舗数を持つ「ほっともっと」

全国で2528店舗を構えるまでになっています(2020年2月現在)。

2010年には海外初進出となる中国に出店、2012年には韓国に出店。今ではオーストラリアにも出店しています。

そして2016年には鳥取県に出店をし47都道府県全国制覇の出店も果たしました。

しかし、直営店の人件費や運営コストの上昇などにより、2019年9月には192店舗を閉店。

直営店をFC店への移管していきながら、それが難しい店舗は閉店し経営資源を集中させようという試みでした。

その結果一時は売上が下がりましたが、今では上昇をしていっています。

 

【店舗の特徴】

「ほっともっと」の看板は、円形に赤色で「Hotto Motto」のHとMのロゴに、

黄色も使って、『ツヤツヤと輝くおいしいお米』をイメージし稲のような絵が中央に描かれています。

外観は木とレンガを基調にした茶色とし、自然と温かさをおしゃれにイメージしています。

内観はカウンターでの注文し、できあがるなで待つ椅子が並べられている店舗や、

温かい弁当を注文してから作ってもらうのではなく、待たずに購入できるように

「ホットショーケース」での販売も行っています(一部除外店舗あり)。

2015年から新規に開店した店舗、改装した店舗に関しては、自動券売機の導入もしています。

またインターネットによる注文が増えていることより、逆に「ホットショーケース」の販売も止め、

カウンターや店内の縮小もし、低コストでFC店を開店できるようにも工夫しています。

【今後の展開】

今後は、

①内製化の推進

利益を増加させるために、自社工場製造による内製化率向上とスケールメリットの活用をし、
新規アイテムの追加や、シェア率変更を予定。

(1)低コストで最新鋭の工場

(2)企画から販売まで自社でコントロール

(3)3,000店舗の販路活用

② FC化の推進

(1)FC展開を中心としたチェーンの成⾧を目指す。

 

【成長戦略】

成長戦略とし、

① 店頭売上の拡大

(1)内製化の推進によって品質と価格の両方を追求した商品の提供が可能になる。

(2)品質と価格を追求した内製化商品の提供と、ディスカウントなど思い切ったキャンペーンの
実施によって店頭売上の拡大を図る。

(3)内製化商品によるキャンペーンの実施は当社のメリットとなりお客様満足につながる。

② 新規店舗モデルの構築

を展開していこうとしています。

 

【ほっともっと店舗】(東京・神奈川・沖縄・千葉・大阪・福岡・名古屋・和歌山)

ほっともっとがどこにあるのか調べたい時には、

ほっともっとのホームページ

下記URLより、検索することができます。

https://shop.hottomotto.com/

 

お店に行ってから注文し待ちたくない!という方は

下記URLよりネット注文ができます。

https://netorder.hottomotto.com/

会員になりポイントを貯めたりすることもできます。

会員登録は下記URLよりできます。

https://member.hottomotto.com/pointService

 

【まとめ】

株式会社プレナスが運営する「ほっともっと」はもともと「ほっかほっか亭」でしたが

フランチャイザーの「ほっかほっか亭」総本部と対立し、離脱してできたお店です。

電子レンジで温めて食べるのとは違い、作り立ての温かいお弁当が食べられる。

定番メニューもなくなって欲しくはないですし、新メニューやキャンペーンメニューなども

楽しみです。

作り立ての温かいお弁当で笑顔になるよう

さらに「ほっともっと」の店舗が増え、

海外進出ももっと増え、

どう飛躍していくか期待したいです。

 

 

-グルメ

Copyright© なるほど!納得club , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.