分かりにくい事をどこよりも分かりやすく解説するサイト

なるほど!納得club

お役立ち情報

日本年金機構の年金ネットは年金事務所と違うの?標準報酬月額や企業年金連合会って何?ねんきんネットのログインページ・アクセスキーについて

日本年金機構の年金ネットは年金事務所と違うの?標準報酬月額や企業年金連合会って何?ねんきんネットのログインページ・アクセスキーについて

年金といえば、将来の大きな問題ですよね。

 

日本では、年金がもらえる年齢がだんだん引き上げられています。

 

ということは、長生きしないと年金がもらえない可能性だってあるのです!

 

今は年金を納めているけれど、本当に将来年金が入るだろうか…?と不安を抱える方もたくさんいるはずです。

 

自分に将来どのくらいの年金が入るのかも、できれば今から知っておきたいですよね。

 

年金の金額によって、将来設計も変わってくるはずです。

 

ここでは、将来の年金額を予想してシミュレーションができる年金ネットについて詳しく解説していきます。

 

年金ネットって何?

 

年金ネットを簡単に説明すると、これまで支払ってきた年金の履歴や、将来受け取る年金の見込み額を確認できるサイトです。

 

パソコンやスマートフォンからサイトにアクセスし、閲覧できます。

 

ねんきんネットを提供しているのは、日本年金機構という組織です。

 

年金ネットのいいところは、いつでも最新の年金額が分かることです。

 

年金ネットに登録するには?

 

日本年金機構の公式サイトには誰でも入れますが、実際に利用するとなると、登録が必要です。

 

登録には日数がかかるので、まずは自分の基礎年金番号が分かるものを用いしましょう。

 

基礎年金番号と、ねんきん定期便に記載されているアクセスキー(17桁)の数字がなければ登録ができません。

 

アクセスキーがない方はお申込みが必要なので、少し時間がかかります。

 

早速今日から使えるというわけではないので、注意しておきましょう。

 

年金ネットのログインをするには

 

https://www.nenkin.go.jp/n_net/

 

年金ネットから新規登録を済ませたら、いつでもサイトにログインできる状態です。

 

自分が過去に支払った年金額や、将来の年金見込み額を知りたい場合、パソコンでもスマートフォンでも調べることができます。

 

ログインする時は、ねんきんネットのトップページにある右上の赤いボタンをクリックします。

 

「ログイン」と表示されている部分です。

 

最初のログインでは、新規登録の時に設定した「秘密の質問と答えの入力」が求められる場合があるので、忘れないようにしましょう。

 

ログイン情報に問題がなければ、もっと細かくメニューが出てきて知りたい情報を確認することができます。

 

年金ネットの会員ができること

 

年金ネットに登録すると、次のようなサービスが利用できるでしょう。

 

  • 年金記録を確認する
  • 通知書を確認する
  • 将来の年金額を予想してもらう
  • 各種設定を変更する
  • そのほかの便利な機能を利用する

企業年金連合会って何?

 

企業年金連合会は、厚生年金基金、確定給付企業年金のある企業を、10年未満で退職した方に対して、年金の支給をおこなっている連合会です。

 

会社に勤める社員で、一定の条件を満たす場合、厚生年金保険の被保険者となります。

 

基本給のほか、役職手当や通勤手当、残業手当などそれぞれの手当てを加えた1カ月の総支給額は、「報酬月額」と呼ばれます。

 

報酬月額を保険料表の1等級(88000円)から31等級(62万円)までの31に分け、その等級にあてはまる金額を「標準報酬月額」といいます。

 

被保険者の標準報酬月額は、会社側から提出された届出に基づき、日本年金機構が決定します。

 

終わりに

 

私も年金ネットに登録して時々使っていますが、将来もらえる見込み額が分かるので、イメージがしやすいです。

大まかな金額が知りたいという時は、簡単計算を選べばすぐ分かります。

年金を知ることは将来設計にも役立つため、ぜひ登録して利用することをおすすめします。

-お役立ち情報

Copyright© なるほど!納得club , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.