分かりにくい事をどこよりも分かりやすく解説するサイト

なるほど!納得club

お役立ち情報

京都の桜(原谷苑・仁和寺・醍醐寺・二条城)へのアクセス・見ごろ・御朱印・ホームぺージ・拝観料・ランチ・ライトアップ・開花・名所

京都の桜(原谷苑・仁和寺・醍醐寺・二条城)へのアクセス・見ごろ・御朱印・ホームぺージ・拝観料・ランチ・ライトアップ・開花・名所

京都の桜、原谷苑・仁和寺・醍醐寺・二条城についてご紹介していきます。京都と言えば桜の名所です。4月は桜が見ごろですね。それぞれの場所や特徴について詳しくご紹介します。

原谷苑

原谷苑はなかでも非常に有名ですが、行きにくい場所にあるからか「桜の隠れ里」と呼ばれています。ここは個人の方が所有していて、もともとは身内だけで花見をしていたところ、評判が広まって今では桜のシーズンには一般公開するまでになりました。

原谷苑の桜は20種類以上あり、さらに数え切れないほどの本数があります。その種類の桜が順番に咲き続くことで、4月の下旬まで桜を見ることができるのも原谷苑の特徴です。他にも原谷苑の特徴では、通常の桜の満開時期とずれていることです。入園料はかかりますが最大でも1500円程度なので、それほど高くはありません。

仁和寺

仁和寺も京都の桜の名所として有名です。仁和寺で咲いているのは遅咲きの桜として有名な御室桜ですの。ここには3種類の桜があり、こちらも4月いっぱい桜を楽しむことができます。御室桜の特徴は樹の低さで、人の背丈よりも少し高いくらいの目線一面に桜を鑑賞することができます。

場所は電車でもバスでも降りてから数分でいける場所なのでわかりやすいです。桜の時期は拝観料が必要になってきますので注意しましょう。大人が500円で、子供が200円です。

醍醐寺

醍醐寺は広い範囲で桜を楽しめる場所として有名です。ここは豊臣秀吉が花見をしたで有名な場所で、枝垂桜やソメイヨシノ、八重桜など数種類の桜が1000本ほどあり、それぞれの満開時期が違うので1ヶ月ほど桜を楽しむことができます。枝垂桜が最初に見ごろを迎えるので、一番桜が咲いている時期ともいえます。

こちらの枝垂桜は樹齢180年といわれており、桜の花びらが大きいのも特徴の一つです。醍醐寺では、夜桜を楽しむこともできます。昼と夜ではやはり桜の印象も変わってきます。基本的には入場料はかかりませんが、霊宝館や三宝院は共通券というものが必要です。

二条城

二条城では、桜まつりというイベントが行われています。通常観覧は8時45分~16時までで、その後入替制で18時~21時までライトアップされています。料金は、通常観覧が(二の丸御殿観覧料含む)大人1030円、中高生350円、小学生200円です。ちなみに通常観覧と桜まつり期間中、和装で御来城のかたは入城料が無料になります。二の丸御殿観覧料は別にかかります。

3月下旬から4月半ばまでで、京都の名産品や販売イベントなども多数開催されていますので、旅行や観光にはぴったりです。さらに二条城は世界遺産でもあるので、桜の時期に合わせて旅行に来ると2倍観光を楽しむことができます。

まとめ

それぞれの特徴についてまとめました。桜は風情があり、世界遺産になっている場所なども一緒に堪能することができるのでとてもおすすめです。昼と夜で違った感じの桜を見て楽しむこともできるのでお花見のシーズンにはぜひ昼夜両方の桜を見てほしいです。

-お役立ち情報

Copyright© なるほど!納得club , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.