分かりにくい事をどこよりも分かりやすく解説するサイト

なるほど!納得club

パソコン

ムービーメーカーmovie maker(ダウンロード・インストール・windows10・dvd焼き方・使い方)

 

ムービーメーカーmovie maker(ダウンロード・インストール・windows10・dvd焼き方・使い方)

movie maker(ムービーメーカー)とは、編集が苦手なユーザーでも、直観的に操作しやすい簡単ムービー作成のソフトです。

 

動画はもちろん、写真の編集や加工もでき、映画風の作品をたくさん製作できます。

 

動画の切り取りやトリミングなど、多数の編集サービスがあり、あなただけのオリジナルの映像を作れるはずです。

 

画像や動画編集をもっと簡単に済ませるなら、ムービーメーカーがおすすめなんです。

 

かつてはマイクロソフト社が開発・提供していました。

 

今回はそんなムービーメーカーのダウンロードやインストール方法、使い方やdvd焼き方についてご紹介します。

 

ムービーメーカーのダウンロードやインストールはどうやるの?

 

movie makerをwindows8やwindows10でダウンロードやインストールする場合、マイクロソフト社の公式サイトからできます。

 

「今すぐダウンロード」というタブを左クリックすれば簡単にダウンロード画面に飛ぶでしょう。

 

wlsetup-web.exeを実行するとインストールが始まります。

 

「すべてをインストール」が推奨されていますが、もしムービーメーカー以外の機能は

いらないのであれば、インストールする製品の選択を左クリックしましょう。

 

フォトギャラリーとムービーメーカーだけを残し、ほかのチェックを外すのです。

 

そして右下のインストールを左クリックします。

インストールは短時間で終了するでしょう。

 

インストール直後であれば、windows10の「最近追加されたもの」にムービーメーカーが入っているはずです。

 

見つからない場合は「すべてのアプリ」を左クリックします。

そうするとムービーメーカーが見つかるでしょう。

 

ムービーメーカーを今後もよく使うのであれば、スタート画面にピン留めしておくと使いやすいです。

 

自分がよく使うものだけをスタート画面にピン留めしておくと、よく使うソフトだけに並べ替えてカスタマイズできます。

 

ムービーメーカーをスタート画面に追加したい場合は、ムービーメーカーのアイコンもしくはテキストの上で右クリックしましょう。

 

そうすれば「スタート画面にピン留めする」が出てくるので、そこを選択します。

 

デスクトップにショートカットを作成するのも、早くておすすめです。

 

ムービーメーカーの使い方

 

movie makerは、windows10のユーザーやmovie maker初心者でもパソコンで簡単に使えるソフトです。

 

ムービーメーカーを起動させたら、編集したい動画ファイルをムービーメーカーに入れます。

 

動画ファイルをクリックしたままムービーメーカーに入れるのです。

 

ビデオや写真を参照するには、「ここをクリックします」を選択し、ファイル指定しても動画を入れられます。

 

これで動画ファイルがムービーメーカーに入るでしょう。

 

しかしもとのファイルは30秒程度あるため、長すぎるので短くしたい場合がありますよね。

 

そういう時はムービーメーカーのトリーミング機能を使い、長さを調節するのです。

 

ムービーメーカーの編集ツールをクリックします。

 

dvdの焼き方

 

ムービーメーカーを使ってdvdを焼くことができます。

 

  1. ムービーメーカーから動画を出力
  2. 出力した動画でdvdを作成

 

ムービーメーカーで編集した動画を最終出力し、DVDを作成します。

 

ムービーメーカーそのものにはdvdを焼く機能はついていませんが、dvd化を担当する別のソフトと組み合わせれば、dvdの作成ができるはずです。

 

windowsユーザーが無料で動画や写真の編集ができるソフト・ムービーメーカーですが、

簡単にスライドショーや動画編集ができてとても扱いやすいです。

 

ムービーメーカーを利用すれば、動画編集はもちろんですが、結婚式やプレゼンテーション用の動画も編集し、シーンに応じた作品にできるのです。

-パソコン

Copyright© なるほど!納得club , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.