分かりにくい事をどこよりも分かりやすく解説するサイト

なるほど!納得club

パソコン

日本産経新聞をネットでニュース読むなら電子版!パソコンからも読める?休刊日や購読料について

ネットでニュースなら日本産経新聞の電子版!パソコンからも読める?休刊日や購読料について

今はインターネット社会といっても過言ではないほど、ネットを通して多様な手続きができますよね。

それは新聞業界でも同じです。例えば日本産経新聞が毎日家に届くご家庭もあるでしょうが、オンラインでも日本産経新聞の記事を閲覧できます!

 

日本産経新聞の電子版ということですね。

 

もちろん日本産経新聞だけではなく、ほかの新聞社でも、インターネットで利用できるようにしています。今回は、日本産経新聞の電子版について詳しくご紹介していきます。

 

日本産経新聞の電子版はパソコンからも読める?

 

日本産経新聞の電子版なら、スマートフォンからでもパソコンからでも、タブレットからも閲覧ができます。

 

今日や最近のニュースはもちろん、過去90日分の記事まで遡って閲覧できるでしょう。

 

誰でもというわけにいきませんが、日本産経新聞の新規ユーザー登録をし、ログインできる状態にすれば、日本産経新聞の記事をパソコンでも気軽に読めるでしょう。

 

自分の関心のあるキーワードを検索すれば、そのキーワードの関連した記事もパソコンに表示されます。

 

パソコンはスマートフォンよりも画面が大きく、縮小や拡大も調整しやすいため閲覧しやすいですよ。

 

新規ユーザー登録をするにはコチラ。

https://denshi.sankei.co.jp/purchase_regist.html

 

日本産経新聞の電子版の購読料

日本産経新聞の電子場に興味があっても、宅配版よりはるかに高かったら少し抵抗ありますよね…。

 

実際購読料はどうなのでしょうか。

 

紙ベースでも産経新聞は読めますが、実は日本産経新聞の電子版の方が値段が安くて選ぶお客さんも多いのです。

 

自宅に届く宅配版(朝刊+夕刊)で産経新聞を利用している場合、ひと月4900円かかります。

安くはないですよね。

 

これに対して日本産経新聞の電子版のみの購読であれば4200円で、宅配版よりも安くなります。

 

ただし、日本産経新聞の電子版は支払い方法がクレジットカードのみに限定されるため気を付けてくださいね。

 

宅配版の場合は、現金でもクレジットでも口座振替でも選択可能です。

 

日本産経新聞の電子版の購読を決める前に無料お試し

 

日本経済新聞では、購読を申し込む前に1週間の無料お試しができます

 

実際試してみなければ購読の感覚が分からないですよね。

7日間試してみたら、案外忙しくて読む時間がなく、購読するのはもったいないと判明するかもしれません。

 

日本経済新聞は経済のニュースに強いため、経済に興味のある購読者にはメリットが多いはずです。

 

反対にあまり経済に関心がない、もっとほかのジャンルを多く掲載してほしいお客さんには向かない場合があります。

 

そういった不一致や必要性に気づくためにも、産経新聞の7日間無料お試しをまず試してみるのがいいでしょう。

 

産経新聞の電子版の休刊日は?

 

新聞には休刊日がありますよね。宅配版を利用しているご家庭にも、時々新聞が入らない日がありますよね。

 

各新聞社の休刊日はネットで確認できますが、電子版の場合は、ほぼ毎日記事がアップされています。

 

最新情報を得たい場合も、電子版はとても有利ですよね。

 

おわりに

産経新聞の電子版は、パソコンからでも見やすいですし、購読料も宅配版より安いのが魅力です。

そのほかにも、初月無料のサービスもうれしいですね。まずは自分に合っているかどうか見極めてみてはいかがでしょう。

産経新聞は、各業界の有識者のコラムが充実していることでも知られています。

毎日読むことで新たな視点が生まれ、視野が広がるでしょう。ニュースの見る目も変わってくるはずです。

-パソコン

Copyright© なるほど!納得club , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.