分かりにくい事をどこよりも分かりやすく解説するサイト

なるほど!納得club

銀行

楽天銀行の振込手数料・銀行コード・ATM手数料・金融機関コードは?ログインには口座開設が必要?イーバンクは法人もOK?

楽天銀行の振込手数料・銀行コード・ATM手数料・金融機関コードは?ログインには口座開設が必要?イーバンクは法人もOK?

 

楽天銀行には店舗がなく、ネットのみで取引や手続きをおこなうものです。

 

楽天銀行にログインするには口座登録が必要です。

 

店舗がないということは、口座登録もネットから手続きすることになります。

 

楽天銀行から入出金する時は、ATM手数料も気になりますよね。

ここでは楽天銀行のATM手数料や振込手数料、金融機関コードやイーバンクについて解説していきます。

 

楽天銀行の金融機関コードは?

 

楽天銀行の金融機関コードは0036です。

 

楽天銀行のATM手数料や振込手数料は?

 

楽天銀行の振込手数料は、同じ楽天銀行あての振込であれば無料です。

 

会員ステージごとに細かい規定がありますが、毎月3回までなら基本的に無料になります。

 

無料回数の特典がない場合、3万円未満の振込で168円です。

3万円以上だと262円の振込手数料がかかります。

 

ゆうちょ銀行への振込は、基本的に168円かかります。

 

 

楽天銀行の店舗は存在しないので、いつでもATMから現金の引き出しや振込をすることになります。

 

例えばセブン銀行から楽天銀行の出金をおこなう場合でも、無条件で毎月5回までATM手数料は無料です。

 

楽天口座を開設するには

 

楽天銀行を使うには、基本的に口座開設が必要です。

 

楽天銀行の口座を開設しなければ、ログインができないため手続きや取引がネットからできません。

 

口座開設のサイトはこちらです。

https://www.rakuten-bank.co.jp/account/

 

緑で表示されている「楽天会員でない方口座開設のお申込み」という部分をクリックしましょう。

 

すでに楽天会員の方であれば、その隣の赤いボタン「楽天会員の方かんたん口座開設お申込み」を選びます。

 

楽天銀行は基本的にwebから全て操作するため、パソコンやスマートフォンから口座開設の申込ができます。

 

ただし、本人確認書類の送付が郵送あるいはアップロードで必要になるため気を付けましょう。

 

口座開設にはどれくらいかかるの?

 

書類確認が必要なため、楽天銀行の口座開設にはある程度時間がかかります。

 

少しでも早く楽天銀行を使いたいのであれば、ネットから書類をアップロードしてお申込み手続きを完了させます。

 

この場合は2週間前後で手続きが終了します。郵送で書類を送付するとなると、3週間程度

みておく必要があります。

 

イーバンクって何?

 

イーバンク銀行は、楽天銀行になりました。

 

そのため金融機関コードも楽天銀行と同じ0036です。

法人・個人どちらでも口座を持てば利用できるようになります。

 

楽天銀行のメリットをピックアップ

 

  • ATM手数料は基本無料
  • コンビニのATMで24時間365日入出金が可能
  • 金利がい
  • スマートフォンでも楽天銀行のサービスを利用できる
  • 店舗がないため来店不要
  • 楽天ポイントが貯まる
  • ほかの銀行への振込手数料が毎月3回まで無料

楽天銀行には店舗がいっさいありません。

それが普通の銀行との大きな違いでしょう。

 

実際現金を取り出す時や振り込む際には、コンビニのATMへ行き、手続きが必要となります。

 

その際は必ず楽天カードが必要になります。

 

楽天カードを取り扱っているATMは、以下となります。

 

  • イオン銀行
  • セブン銀行
  • みずほ銀行
  • ゆうちょ銀行

 

コンビニは基本的に24時間営業しているため、銀行の店舗のように営業時間を気にしなくて済むのがいいですよね!

手数料に関しても利用者に優しいシステムです。

 

終わりに

 

私も楽天銀行を使っていますが、便利で助かっています。

手数料が無料なのはうれしいです。楽天銀行の店舗はありませんが、コンビニのATMが利用できるので入出金もスムーズです♪

-銀行

Copyright© なるほど!納得club , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.