分かりにくい事をどこよりも分かりやすく解説するサイト

なるほど!納得club

ビューティー

日焼け止めが原因で肌が荒れる?肌に優しい日焼け止めの選び方

 

日焼け止めが原因で肌が荒れる?肌に優しい日焼け止めの選び方

春から夏にかけて、陽射しは強くなってきますよね。

 

そこで必要なのが、UVカットになる日焼け止めです。

ファンデーションにもUVカットの効果は多少ありますが、強い光線が出てくる時期は、ファンデーションのUV効果だけでは間に合わないことも…。

 

春・夏は、できれば日焼け止めを塗ってからファンデーションをつけることをおすすめします。

 

といっても、日焼け止め選びって何気に気を遣いますよね。敏感肌や乾燥肌質の方なら尚更でしょう。

 

肌に刺激の強い日焼け止めを選んでしまうと、肌荒れや乾燥肌の原因になります。

 

日焼け止めはこまめに使うものですから、肌に優しいものを選ぶのがいいですよ。

 

ここでは、肌に優しい日焼け止めの選び方や、おすすめの日焼け止めをご紹介します。

肌荒れの心配なし!

 

肌に優しい日焼け止めの選び方

 

私も経験があるのですが、肌に合わない日焼け止めを使っていると肌荒れを起こし、皮がむけてしまうことがあります。

 

日焼け止めを使っていて肌荒れを起こすということは、成分が肌質に合っていないサインなので、使用をストップしましょう。

 

ここでは、優しい日焼け止めを選ぶ時のコツをご紹介します。

 

紫外線吸収剤を含まない日焼け止めを選ぶ

 

肌荒れを起こしやすい人は、肌がそれだけ敏感ということです。

 

優しい日焼け止めを選ぶためにも、紫外線吸収剤を使用していないものを選びましょう。

 

つけてみてピリピリしないものを選ぶ

 

日焼け止めを顔につけてみて、ヒリヒリする、赤みが出るといったものは、合っていません。

 

でもせっかく購入してお金がかったのに、全く使用しないのも勿体ないですよね。

そこで、合わない日焼け止めは顔には絶対塗らず、体に使うようにしましょう。

顔は体よりも敏感なのでピリピリしやすいですが、同じ日焼け止めでも、体の場合は何も反応を起こさない場合があります。

 

顔以外に露出する部位につけ、日焼け止めを有効活用するのもいいでしょう。

 

個人的におすすめなのが、手の甲や足の甲です。

 

こんな細かい部分にまで日焼け止めをつける方も少ないでしょうが、意外と焼けて黒くなりやすいですよ。

 

石鹸で落とせるタイプを選ぶ

 

日焼け止めの中には、「石鹸でオフできる」と記載されたものがあります。

 

通常の日焼け止めは、お化粧を落とす時のメイク落としでオフします。

 

だから石鹸で落とせるタイプということは、それだけ石油系の化学製品が少なく、天然素材が多いことが考えられます。

 

天然成分が多ければ肌への負担は少ないでしょう。

 

クレンジングも楽なので、石鹸でオフできる日焼け止めを選ぶのは総合的にみておすすめです♪

 

 

これなら肌に優しい!おすすめの日焼け止め3 撰

ここでは、肌に優しくて敏感肌の方も使える、おすすめの日焼け止めを3つご紹介します。

ミネラルサンスクリーン

 

SPF50/PA++++でしっかりUVカットしてくれますが、石鹸で落とせて肌に優しいタイプです。

 

メイクの上から塗りなおしても崩れにくいですよ。

 

パウダータイプだから、おしろいをはたく感覚で使えます♪

 

日焼け止めクリーム特有のベタつきが苦手な女性にもおすすめです。

サラッとしているから、長時間つけていてももったりと感じません。

 

セラミドヒアルロン酸といった保湿成分も含んでいるから、日焼け止めでありがちな乾燥も防げますよ。

 

長時間つけていてもトラブルが少ないでしょう。

シンピュルテ|パーフェクトUVミルク プロテクション(¥3800)

 

少し値は張りますが、お肌の健康第一に考えるならすごくイチオシです。

 

UVのカット力は国内最高指数なので、屋外に長時間いることの多い女性にピッタリでしょう。

 

これをつければ真夏に海やプールのレジャー、アウトドアやスポーツに行くのも怖くないでしょう。

 

肌に優しいといえるのは、オーガニックにこだわっているからです。

 

エリクシール ルフレ バランシング おしろいミルク

 

化粧下地の代わりになるから、メイクも時短できてとても効率的です。

化粧水をした後、乳液+下地+日焼け止めの役割として使えます♪

 

おしろい効果が特徴で、毛穴の開きやテカりを抑えてくれます。

 

肌の欠点をカバーしてくれるから、美肌効果が期待できます。

 

しかもナチュラルにつくから、素肌が美しいように見えますよ♪

 

乳液の役割があるといってもベタつきもほとんどありません。

 

日焼け防止しながら、透明感あふれる肌をキープしてくれるでしょう。

 

優しい日焼け止めを使う時の注意点

 

  • 日焼け止めをたっぷりつけすぎない
  • きちんと落とすこと

を徹底しましょう。

 

どんなに成分は優しくても、日焼け止めを正しく使えていなければ、肌トラブルのもとになります。

 

私も添加物フリーで肌に優しい日焼け止めを選んだはずなのに、必要以上に厚塗りし過ぎて肌トラブルを起こした経験があります…。

 

つけすぎは禁物なのですね。

 

日焼け止めはたっぷり塗っておいたからといって、それだけ長時間もつものではありません。

 

どんなにたくさんつけたとしても、3時間に一回は塗りなおしが必要です。

 

それでなければ、紫外線カットの効果が弱くなってしまうからです。

 

特にアウトドアや屋外でスポーツする機会が多いなら、気を付けてくださいね!

-ビューティー

Copyright© なるほど!納得club , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.