分かりにくい事をどこよりも分かりやすく解説するサイト

なるほど!納得club

パソコン

コブリスとは(ログイン画面・登録・ダウンロード・法人番号・義務・使い方・エクセル・対象工事)

 

コブリスとは(ログイン画面・登録・ダウンロード・法人番号・義務・使い方・エクセル・対象工事)

コブリスとは、建設副産物情報交換システムのことです。

難しく聞こえますが、要するに産廃システムのことで、インターネットブラウザを通じてリサイクルデータを入力・提出できる形態です。

 

コブリスの実施書のエクセル様式は、国土交通省のホームページでも掲載されています。

 

コブリスの登録や提出は義務なのかというと、発注者によって移行率は異なります。

 

国や都道府県は完全にコブリスに移行しているのですが、小さな市町村は発注者側もまだ

よくコブリスを理解しておらず、比較的小規模な企業であればなかなか適応するのが難しい状況です。

 

コブリスのログイン画面

 

コブリスはパソコンとネット環境があれば、オンラインで使用できます。

 

オンラインでコブリスを使うには、企業のidとパスワードが必要になるのでお気をつけください。

 

まずは建設副産物情報センターの公式ホームページを開きましょう。

 

ホームページの下にスクロールしていくと、「システム利用申請方法」という項目があります。

 

そちらをクリックすると、「H30無料利用サービスの申請方法はこちら」とういところが

あるので、そこから利用申請ができます。

 

 

申請するには、3つの書類をセンター宛てに発送しなければなりません。

 

 

  • 工事契約書の表紙のコピー
  • インターネット利用申請書
  • 建設業許可証のコピー

 

 

どれも1部ずつ必要です。

 

 

これらの書類を郵送して受理されれば、10日前後でidとパスワードがメールにて届きます。

 

届いたログイン情報をホームページにアクセスし、ページトップの副産物システムINを選んでidと初期パスワードを入力します。

 

これでログインが完了します。

 

 

新規登録後も、登録情報を変更・更新することは可能です。

 

建設リサイクル報告様式をダウンロードする

 

建設リサイクル報告様式の書面をダウンロードできます。以下のページにアクセスしてみましょう。

https://www.mlit.go.jp/sogoseisaku/region/recycle/d03project/d0306/page_03060101credas1top.htm

 

法人番号って何?

 

コブリスでいう「法人番号」というのは、国税庁が通知している番号のことです。

国税庁法人番号公表サイトにも掲載されているので、法人番号を確認したい時はそちらを

チェックしてみましょう。

 

コブリスの使い方

 

コブリスの新規登録が済んだら、実際に使ってみましょう。

 

工事概要画面に移動し、工事受注をする時は「計画」を入力します。

工事が終わったら「実施」を入力します。

 

受注した段階ではまだ「計画」だけしか入力していない状態です。

 

順番に

 

  • 発注者
  • 受注者
  • 工事概要

 

の欄を埋めていきましょう。

 

右下にある「新築・増築・解体工事のみ入力」の部分は、一般どもく工事では入力できないので気を付けましょう。

 

建築工事や解体工事の場合だけ入力が必要です。

 

最後は更新ボタンを押します。

 

続いては副産物システムを入力します。

画面右上に「副産物システム」という部分があるのでそこをクリックしましょう。

 

再生資材利用は、再生クラッシャーランや再生アスファルト合材など、実際工事で使う再生資材の仕入れ先や予定の数量を入力していきます。

 

コブリスの対象工事とは?

 

コブリスには、登録対象工事が定められています。

 

国土交通省では、発注者から直接建築工事を請け負った建設工事事業者が、一定の規模以上の工事についてあらかじめ資源利用促進計画を作成し、建築終了後に実績を記録するとともに、一定期間保存することにしています。

-パソコン

Copyright© なるほど!納得club , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.