分かりにくい事をどこよりも分かりやすく解説するサイト

なるほど!納得club

銀行

横浜銀行の店舗・マイダイレクト・ATM・残高照会・手数料情報まとめ

横浜銀行の店舗・マイダイレクト・ATM・残高照会・手数料情報まとめ

 

横浜銀行は、神奈川県横浜市に本店がある地方銀行です。

地方銀行の中では日本最大です。

 

長きに渡り、総資産額で地方銀行のトップに君臨しています。

横浜銀行にもネットバンキングがあります。

ここでは、横浜銀行のマイダイレクトや手数料、残高紹介についてご紹介していきます。

 

横浜銀行マイダイレクトの申込は簡単!

 

横浜銀行マイダイレクト(はまぎん)の申込は以下からできます。

 

https://www.parasol.anser.ne.jp/ib/index.do?PT=IM&CCT0080=0138&dnet=01

 

申込の前提となるのが、すでに横浜銀行の普通預金口座を開設していることです。

 

フォームに口座番号を入力するようになるため、お手元にキャッシュカードや通帳を用意しておくとスムーズです。

 

すでに横浜銀行の店舗やATMを利用しているお客さんも多いでしょう。

 

しかし横浜銀行はほかのメガバンクと同様に、ネットバンキングの申込も受け付けています。

横浜銀行のネットバンキングにも魅力があるので、この機会にぜひご検討してみてはいかがでしょう。

 

横浜銀行マイダイレクトのメリットは?

 

マイダイレクトは、横浜銀行のインターネットバンキングを利用する際に作っておく必要があります。

 

個人情報や銀行口座の情報を入力すれば、スムーズにマイダイレクトの手続きができるでしょう。

 

マイダイレクトの大きな利点を挙げると次のようになります。

  • ATMや店舗より振込手数料がお得
  • 定額預金の作成ができる
  • 土日祝日、深夜でも取引できる
  • 24時間残高照会や振込が可能
  • 投資信託の取引もできる
  • マイダイレクトで残高照会ができる!→店舗まで通帳記入に行く必要がない
  • ATMに行っている時間や手間を省ける

店舗から振込をするとなると、営業時間も気にしなければなりませんよね。

 

お仕事の都合で、営業時間内にどうしても行けない!といった例も出てくるでしょう。

 

そんな時マイダイレクトであれば、24時間どこからでもお手続きが可能です。

 

店舗は閉まっていても、ネットバンキングであれば関係ありません。

 

しかも手数料も窓口やATMよりお得になるため経済的ですよね!

 

もはやマイダイレクトにマイナスになることはないでしょう。

 

ネット上ということでウイルス感染などセキュリティ面は心配ですが、横浜銀行のマイダイレクトでは、きちんとセキュリティ対策もとっています。

 

スマートフォンやパソコンから残高照会ができ、おうちの中にいても手続きや確認ができるのも魅力ですね。

 

ネットバンキングなら振込手数料が安いってどういうこと?

 

横浜銀行のマイダイレクトから振込すると、手数料が安くなります。

 

同じ横浜銀行あてに振り込む場合、振込手数料はなんと無料です。

 

ATMでは時間によって手数料が変わることがありますが、マイダイレクトならそのような縛りもありません。

 

店舗の場合も、同じ横浜銀行あての振込だとしても、330円の手数料がかかります。(3万円未満の場合)。これがもし3万円以上の振込となると、550円にも上がります!

 

お振込する機会が毎月多ければ、店舗だとそのたびに手数料がとられてしまいますよね。

しかしマイダイレクトなら時間も関係なく、横浜銀行あての振込なら手数料は無料になるんです♪

マイダイレクトで振込手数料がかかる場合は、ほかの銀行あての振込をした場合です。3万円未満であれば220円ですが、店舗やATMよりは安いですよね。

終わりに

 

横浜銀行の普通預金口座を持っているなら、マイダイレクトにも登録することをおすすめします。

 

マイダイレクトなら、パソコンやスマートフォンを介して各種銀行取引ができます。

 

上手に使えば手間や時間、手数料まで削減できて効率的ですよ。

-銀行

Copyright© なるほど!納得club , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.