頭皮の不快なニオイを消す4つの方法|女性の頭皮の臭いを改善するには

女性の不快な頭皮の臭いを消すには次の4つの方法があります。 上から順番に解説しきます。また、ページの後半では自身の頭皮の臭いチェック方法頭皮の臭いの4大原因についても解説しています。

1.頭皮の臭いを消す食べ物を摂る

脱毛できるカラダの場所

体臭や加齢臭を抑えるには「抗酸化食品」「アルカリ性食品」「ポリフェノール類」が含まれている食品が効果的です。

とくに、頭皮の臭いや加齢臭など皮膚からの臭いを消すには「抗酸化食品」が効果的です。

抗酸化食品

抗酸化食品

体臭や頭皮の臭いを抑える抗酸化食品は、「パセリ」「ほうれん草」「小松菜」「緑黄色野菜」「レモン」「りんご」「ブルーベリー」「アセロラ」「オレンジ」「キウイ」「ナッツ」などです。

アルカリ性食品

アルカリ性食品

体が酸性に傾くと健康面だけでなく美容面にも悪影響を及ぼします。

アルカリ性食品を摂ることで新陳代謝が上がり健康面だけでなく、美容、体臭予防にも効果的に働きます。

具体的なアルカリ性食品は「梅干し」「ワカメ」「メカブ」「もずく」「ほうれん草」「大豆製品」などです。

ポリフェノール類

ポリフェノール

ポリフェノールは自然界に5000種類以上もあると言われています。臭いを抑える効果がある代表的なポリフェノールは次のようなものです。

お茶(カテキン)、コーヒー(カフェ酸)、ウーロン茶(ウーロン茶ポリフェノール)、大豆(イソフラボン)、ゴマ(セサミン)、ニンジン(カロチン)、ショウガ(ショウガオール)などです。

2.頭皮専用の消臭ミストで臭いを消す

消臭ミストをつける
頭皮専用の消臭ミストや化粧水などでニオイを消すことができます。

頭皮専用のミストは香りをつけるのではなく、臭いの元を消臭して、頭皮環境を整えてくれます。

フレグランススプレーなどを頭にスプレーすると頭皮のニオイと混ざってさらにニオイがキツくなることがありますので止めましょう。

消臭ミストなどがないときの応急処置方法

頭皮専用の消臭ミストなどがないときには応急処置としては、お茶(カテキン)をハンカチなどに湿らせて頭皮にぽんぽんつけることで臭いが抑えられます。

3.運動とストレス発散で頭皮の臭いを抑える

運動でストレス発散
ストレスや疲労の蓄積は、内臓機能の衰えや新陳代謝の低下によって体臭や頭皮の臭いがきつくなる原因となります。

体から発するニオイは、汗や分泌物から排泄されますので、汗をかくような運動をすることがお勧めです。

ジョギングやウォーキング、フットサル、ジム通いなどでストレス発散をすると、汗をかき代謝を上げながら体臭や頭皮のニオイ予防にもなります。

4.シャンプーで臭いを消す

シャンプーをアミノ酸系に変える
1本5〜600mlで数百円で買えるような安価なシャンプーの多くは、原料にAES系界面活性剤が使用されています。

AES系界面活性剤は、洗浄力が強力すぎて必要な皮脂も奪いすぎて頭皮が乾燥します。

頭皮が乾燥すると、脳が皮脂の分泌量を増やすように命令し過剰に皮脂が出るようになります。

皮脂の過剰分泌は頭皮の臭いや抜け毛の原因です。

できれば、シャンプーは頭皮に優しい植物由来のアミノ酸系シャンプーを使用しましょう。

使っていくうちに頭皮のコンディションが良くなり、臭いの元である皮脂の過剰分泌、菌の繁殖を抑えることができます。

シャンプーは1日1回夜におこなうのがベスト

シャンプーの回数
シャンプーは1日1回できれば夜にするようにしましょう。皮膚の細胞は寝ている間に再生し、成長ホルモンが最も分泌されます。

その時に頭皮が汚れていたり毛穴が詰まっているとトラブルの原因になります。頭皮を綺麗にしてから寝ることでダメージの改善や補修が行われ健康な状態を保つことができます。

自分の頭皮が臭いかチェックする方法

頭皮の臭いチェック
次の3つの項目で自分の頭皮が臭うのかチェックしてみましょう。
1、指やタオルで頭皮をこすって嗅いでみる
時間帯を変えてそれぞれ確認しましょう。

2、頭皮のベタつきをチェックしてみる
皮脂が多いとニオイも出やすくなります。あぶらとり紙を使用するとわかりやすいです。

3、枕や帽子を嗅いでみる
自分が普段使っている枕や帽子を嗅いでみましょう。
その他のチェック方法:友人に嗅いでもらう
やはり、自分のニオイは他人の方がよくわかっています。 家族だと同じ体質の場合もあり気づかない恐れもあるので、近しい友人に思い切ってチェックしてもらうのが良いでしょう。

女性の加齢臭の改善方法

間違った頭皮のニオイ対策

NG
次の2つの行為は余計にニオイをキツくさせる原因になりますので注意しましょう。

1、1日に何度もシャンプーをする
ニオイが心配だから1日に何度もシャンプーをするというのは、逆効果です。

シャンプーをしすぎることで頭皮に必要な皮脂を取りすぎます。そして、足りなくなった皮脂を補おうと脳が皮脂を出すように指令を出し、結果的に皮脂が過剰に分泌されるようになり頭皮の臭いの元になります。

2、フレグランス、香水を頭皮につける
臭いニオイを消そうとその上からさらに香料をつけるとニオイが混ざって余計にキツくなります。

ワキガを治す方法

スソワキガを治す方法

頭皮の不快なニオイの原因

菌の繁殖
不快な頭皮のにおいの原因は菌です。

頭皮の皮脂が酸化している状態になると菌が繁殖します。

では、なぜ頭皮の皮脂が酸化し菌が繁殖をするのかというと次の4つの原因があります。

原因1・シャンプー(洗髪)


あまり洗髪をしないと毛穴に皮脂や汗、汚れが詰まり菌が繁殖し頭皮が臭くなります。

逆に1日に何度もシャンプーをすると皮脂を取りすぎてしまいます。皮脂も健康な頭皮や髪の状態を保つにはある程度は必要です。

必要以上に皮脂が奪われると足りなくなった分を補おうと脳が分泌の指令を出します。そうなると皮脂が過剰にどんどん分泌されるようになり毛穴に詰まり菌が繁殖し頭皮が臭くなります。

また、使用しているシャンプーの種類も頭皮環境には影響を及ぼします。

スーパーやドラッグストアなどで5-600mlで数百円で買えるような安価なシャンプーは原料にAES系界面活性剤が使用されています。

AES系界面活性剤は食器洗い洗剤などにも使用されていて石油製品が作られた際に出る廃棄物のようなものです。

非常に洗浄力が強く汚れや皮脂はきれいに落とすのですが、洗浄力が強すぎて必要な分の皮脂まで根こそぎ奪ってしまうのです。

そして足りなくなった皮脂を補おうと脳が指令を出し過剰に皮脂が分泌されて毛穴に詰まるようになり菌が繁殖して頭皮が臭くなります。

シャンプーはできるだけ頭皮に優しい天然由来のアミノ酸系のものを使用するようにしましょう。

アミノ酸系シャンプーは1本2-3000円と多少値段は高くなりますが、必要な分の皮脂は残し、汚れはきちんと落としてくれますので頭皮や髪の毛を健康な状態に保ち、頭皮の不快な臭いも防いでくれます。

原因2・ホルモンバランスの影響

ホルモンバランス
生理前はホルモンバランスの影響で皮脂の分泌が過剰になるために頭皮がべたつきやすくそれが頭皮の臭いの原因になります。

頭皮の皮脂はTゾーンの2-3倍もありますので分泌量が増えるとそれだけ影響を受けやすい場所でもあります。

また、40代半ばになると閉経へ向けて女性ホルモン分泌量が急激に減ります。

女性ホルモン量が減ることで男性ホルモン量の割合が増え、加齢臭などの原因なります。加齢臭は首や耳の後ろ、頭皮などから発生します。

原因3・あぶら性(オイリー肌)

オイリー肌
オイリー肌体質の人は皮脂がたまりやすく、頭皮が臭いやすくなります。また、脂性がフケも出すかったり、抜け毛も多くなりやすいでしょう。

原因4・生活習慣(食事、ストレス)

【食事が原因の頭皮の臭い】
ジャンクフード
私たちが食事などで口から取り込むものは全て体臭や頭皮の臭いに影響を及ぼします。

とくに動物性たんぱく質はキツイ体臭の元です。

お肉や揚げ物、ファストフード、スナック菓子など油っこい食べ物ばかり食べていると、皮脂分泌が盛んになり、活性酸素によって皮脂が酸化し体臭や頭皮の臭いの原因になります。

また、ニンニクやニラなどはアリシンという成分が含まれており、摂取すると身体中から強い臭いを発します。

アルコールも摂取すると活性酸素が増え、過酸化脂質という臭いの元を発生させます。

体臭や頭皮の臭いがきになる人は「抗酸化食品」「アルカリ性食品」「ポリフェノール類」を多く摂取しましょう。

【疲労・ストレスが原因の頭皮の臭い】
疲労の蓄積
疲労、ストレスがたまると「内臓機能の衰え」「新陳代謝の低下」「体内に乳酸が増え体内が酸性に傾く」などにより体臭がキツくなります。

頭皮の不快なニオイを消す4つの方法|女性の頭皮の臭いを改善するには